TOP > 汗にはふたつある!!

紫外線不足の危険
汗にはふたつある!!
目次

1.光線療法(日光療法)の歴史

2.エネルギーを与える太陽とは

3.地球に辿り着く波長・太陽エネルギー

4.光線療法にからむ実験・統計

5.光と光受容体としての人間への影響

6.赤外線・可視光線・紫外線

7.光線療法の手引き
汗にはふたつある!!
ここでは通常の2種類の汗ではなく、熱でかく汗の二つの汗です。

日光は輻射熱ですが、この輻射熱でかく汗は重金属や老廃物を排出することができる、とても大事なことをしてくれます。


国立予防衛生研究所の実験にれば日光あるいはそれに類似する光線によってかく汗は室内でかく汗と
内容に違いが見られます。

室内でかく汗は塩分を中心とした
ミネラルが多く出てくるのに対して、日光などでかく汗はおもに重金属、老廃物が出てくるということです。

われわれが体内にためこむ老廃物や有害物質は日々積み重ねています。
おしっこなどの排泄で出すものと、汗で出すもので解毒を行っています。

体内をキレイにしておくためにも、できるだけ日光で汗をかく習慣も必要です。
スポンサードリンク
TOPへ