TOP > 冬だけうつになる方へ朗報

紫外線不足の危険
冬だけうつになる方へ朗報
目次

1.光線療法(日光療法)の歴史

2.エネルギーを与える太陽とは

3.地球に辿り着く波長・太陽エネルギー

4.光線療法にからむ実験・統計

5.光と光受容体としての人間への影響

6.赤外線・可視光線・紫外線

7.光線療法の手引き
冬だけうつになる方の解決方法
スポンサードリンク
SAD(季節性情動障害)

ある意味必然的な症状です
まずは解決方法について
解決方法

ほんの少し日光を取り入れるだけで救われることが、すでに明らかになっています。

午前中や日中の時間帯に時間を分けて30分から一時間多く日光に当たりましょう。それだけです。
SAD(季節性情動障害)とはどんな症状?
SADとは情緒不安定であり、心が動揺したり、気力が萎えたりする。
毎年決まった時期にうつになる。
春になると治まる。
男性よりも女性に多く見られる。
症状の原因は?
原因のひとつにメラトニンの分泌過剰が考えられている。冬になると日が短くなって、日光の量が減るため。
作用の正確なメカニズムはわかっていないが、眼を通じて明るい光で治療すると大半の人に成果が出る。
改善する理由
明るい光に当たると、異常に高いメラトニンレベルが下がる。
体内の生物時計が調節され、睡眠ほかの一日のリズムに好影響を与える。
TOPへ